この記事は「ガールズ&パンツァー Advent Calendar 2017」1日目の記事となります。

4DX?爆音?通常?
来週にはガルパン最終章の劇場公開が始まりますね。

そこでどこまで参考になるかわかりませんが、『劇場版ガールズアンドパンツァー』の各上映方式をそれぞれ鑑賞した自分の知見から、個人的な雑感をまとめてみました。

みなさんの最終章における劇場選びの参考になれば幸いです。

通常上映
基準点になる上映方式ですので、良い悪いという評価はできません。

ただ、ガルパンはOVA以降で戦車の発砲音などの音圧が明らかに強く調整されています。そのため、音が大きければ大きいほど戦車戦の迫力を体験できます。映画館は音響を売りにしているところがお勧めです。

爆音上映
通常上映の項目で触れていましたが、ガルパンは「音」による迫力が持ち味のひとつです。そのため爆音上映との相性はバツグンです。立川シネマシティが異様なロングランを続けるのもよくわかります。

ただひとつ気を付けてほしいのが、爆音上映は本当に爆音です。通常上映での音量でも耳を痛めやすい人にはお勧めしません。

4DX上映
4DX上映はかなり異質です。これだけは映画を見ている、というよりひとつのアトラクションを体験している気分になります。

特に劇場版では大半が戦車戦ということもあり、「実は4DXのために作られていたのでは…?」と思うほど相性の良さを感じました。

ただ4DXは座席が揺れるだけでなく、スクリーン周辺が発光したり水しぶきがとぶこともあるため、映像に集中しづらいという欠点があります。そのため、映像をじっくり見たいという人や、作品自体が初見の場合はちょっと向かないような気がします。逆に内容を知った上であれば、作品に没入しやすくなるかと思います。

ただ今回は最終章の「一部」なため、劇場版ほど4DXで観る「楽しいポイント」があるのかが不安ですね…。

まとめ
個人的に作品を初めて観るのであれば、爆音>通常>4DXで、二回目以降の視聴であれば4DX≧爆音>通常かと思います。

ただ個人的に、OVA同様、PlayStationStoreでレンタル配信してほしかった…。映画は好きなんですけど、人が多いところは落ち着かないので、まずストレスなく落ち着いて作品が見たいっていう面倒くさい人なので…。

[PR]
# by yamacraft | 2017-12-02 00:00 | いろいろ
この記事は「けものフレンズ Advent Calendar 2017」1日目の記事となります。

ジャパリコインだっ!
ジャパリコインといえば、原作で登場している通貨型アイテムです。特にアニメ版の4話におけるツチノコの「これはっ! ジャパリコ↑イ↑ン↑だっ!」というセリフが印象的でした。ただ、あれはジャパリコインではなくゴールドらしいですが…。

そんな「現実には存在しない通貨」のジャパリコイン。やはり仮想通貨の題材としてぴったりなのか、ジャパリコインを元ネタにした仮想通貨がいくつか発行されています。

とはいえ私自身、その存在を知ったのもつい最近なため、とりあえず2ちゃんねる(5ちゃんねる)の該当スレで誕生したコインを簡単に紹介します。

JAPANICOIN
おそらく最古のジャパリコイン系仮想通貨。IndieSquare Wallet内で発行されています。
この中でしか取引できないことに加え、他の仮想通貨が誕生した現在では、ほとんど動いていない印象です。

JAPARIGOLD
JAPANICOIN後に誕生した仮想通貨です。こちらも同様にIndieSquare Walletで発行されています。こちらは発行者がその後、さらなる発展のために別トークンでの発行を進めていました。ですがここ最近は特に動きがありません。

下記のWebサイトや、LiteCoinをフォークして作られたServalCoinはこの仮想通貨の派生と思われますが、正直よく分かっていません。すみません…。

https://japaricoin.org/
https://github.com/servalcoin

ジャパリコイン(仮)
ジャパリコイン系仮想通貨の中では最も新しく、おそらく現時点で唯一動きのある仮想通貨です。ステラのシステムを利用し、作られています。

https://japaricoin.com/

11月に一度リセットが行われた後、現在はアクティベートすれば1000JPCが無料で受け取れます(要Facebook認証)。ただし現在は、他の仮想通貨との取引や発掘はできません。アクティベートして受け取った1000JPCがすべてです。

そしていまは雑談スレの合同誌購入にしか利用できないという状態でもあります。このあたりは今後に期待したいところです。

その他
ねたざんまい氏による、独自のブロックチェーンで実装された仮想通貨の開発も行われています。
ただ個人的な印象ですが、利用用途や設計含めた思想が大きすぎるので、開発前に破綻するのではないかという雰囲気が強いです…。実際に10月以降、それらしい経過報告がありません。

まとめ
ご覧になっておわかりの通り、まだまだどの仮想通貨も安定とか不安定という判断を下す以前の状態です。

そもそも「けものフレンズプロジェクトの二次創作ガイドラインに沿って運用しよう」という共通の認識があります。ですので、過度な期待を考えず、ほどよく参加して盛り上げながらツチノコが(おそらく)やっているように、コインを眺めて過ごすのがお勧めです。
[PR]
# by yamacraft | 2017-12-01 00:00 | いろいろ
タイトルに書いたとおり、たとえばGoogle Japanが開催地の勉強会や、GDG Tokyo主催のイベントへの参加を控えようと思います。直近の話でいうと、10月9日に開催される「DevFestTokyo2017」の参加はキャンセル手続きを行いました。

理由はいわずもがな、「Pixel 2」の日本未発売に関してです。

あといちおう書いておきますが、これは自分が参加しないと決めただけの話です。ですので、他人に強要や同調は求めていませんし、参加する方に何か思うことがあるわけでもありません。単にGoogle Japan(のAndroid方面)が行う「デベロッパー支援」に対して不信感が拭えないというだけの話です。

そのうち、自分の中で腹落ちできる出来事があれば参加するようになると思います。

以上です。

[PR]
# by yamacraft | 2017-10-07 23:05 | いろいろ
YoroOne - 商業マンガ作品宣伝ツイートまとめ
https://yoroone.yamaglo.jp/

サービスそのものは少し前から誰でも見れる状態で開発を進めていましたが、いったん最低限必要な機能の実装はできたかなという判断のもと、本日公開するに至りました。

今回はサービス自体にも作った理由はありますが、「Firebaseの各機能に依存したWebサービスを作りたい(で、落ち着いたタイミングでアプリ開発に移りたい)」とか「なんとなく考えていた運用手法が上手くいくかどうかを検証したい」、「運用そのものもやりながらノウハウ貯めたい」といった技術的・運用的な理由も大きな理由を占めていたりします。なのでよっぽどのことがなければ、少なくともここから1〜2年は運用とアップデートを続けていきたいなあ、と。

で、以下は今回のWebサービスの構成図です。

d0252816_21505831.png


一番の大きな特徴で言うと、今回のサービスには管理者用ページはありません。すべてslack上のchatbot経由でデータの確認や追加、削除を行っています。

hubotを動かしている場所がEC2等ではなくさくらVPSなのは、単にちょうど持て余しているサーバがあったという理由で、24時間Dockerが動かせるサーバであればどこでも良いという認識です。ただ、ほぼ同等のスペックでEC2のインスタンスを運用するとさくらVPSより若干値が張るので、正直このままでもいいかなと。

ちなみに8月28日に行われる GCPUG Firebase Realtime Database /meetup/1 に10分LT枠で参加しているので、最初の3分ぐらいでこのサービスの概要を話したあとに、このサービスを開発する際に感じたRealtime Databaseの利点とか、逆にRealtime Databaseで実装しないほうが良さそうな機能の話とかをする予定です。よろしくお願いします。

ちなみにいまのところフロントエンド部分のみGitHubで公開しています。

yamacraft/YoroOne-web

とはいえ、まったくやったことのなかったフロントエンド開発を「まずは動く!」を合言葉に、WebpackだのBabelだのsassだのといった開発環境を一切使っていない形で作っているので突然大きく構成が変わるかもしれません。あと他の各プロジェクトも秘匿情報の切り分けとデプロイ周りがキチンと整った段階で順次GitHub上で公開しながら進められたらなあと思っている次第です。

[PR]
# by yamacraft | 2017-08-02 21:50 | 開発記録
Android端末情報|GPad
Huawei、Kirin 658 指紋センサー搭載 5.2インチスマートフォン「P10 Lite」発表、価格349ユーロ(約42,000円)

ソフトバンク C&S、人工知能と Android OS を搭載した英会話ロボット「Musio X」発表、価格98,000円で4月14日発売

万年筆で有名なモンブラン、防水対応 Android Wear 2.0 搭載スマートウォッチ「Summit (サミット)」発表、日本発売も予定

BQ、Android 7.1.1 前面 LED フラッシュや指紋センサーを搭載した 5.2インチスマートフォン「Aquaris X, X Pro」発表、5月発売

TCL コミュニケーション、前面 LED フラッシュ搭載 5インチスマートフォン「Alcatel PIXI 4」登場、価格1万円で3月24日発売

タグ・ホイヤー、Android Wear 2.0 搭載のモジュラースマートウォッチ「Connected Modular 45」発表、価格175,000円で発売

ASUS ジャパン、画面サイズを大きくした5.5インチスマートフォン「ZenFone 3 (ZE552KL)」登場、価格42,800円で3月17日発売

フィリピン Cherry Mobile、耐衝撃や防水対応の4.75インチスマートフォン「Defender」登場、価格9999ペソ(約23,000円)

レノボ、大容量 4000mAh バッテリーや指紋センサー搭載 VoLTE 対応 5インチスマートフォン「K6 Power」発表

レノボ、VoLTE 対応エントリーモデル 4.5インチスマートフォン「Vibe B」発表、価格5799ルピー(約10,000円)


その他
Google、Androidの公式サイトでAndroidユーザーの趣向に合うホーム画面を提案する機能を公開 | juggly.cn

グーグル、Android OS での Java 8 に対する展望(将来)に関して説明、dx で Java 8 機能を正式サポートし Jack は非推奨に|GPad

[PR]