2014年au夏モデル雑感

2014 SUMMER SELECTION | au
http://www.au.kddi.com/mobile/product/selection/

というわけでも、今回もざっくりとした感想です。

isai FL
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2014/05/08/besshi337.html
5.5インチ 2560x1440px

デベロッパー全員が恐れるWQHDがついに登場しました。
2560x1440px、つまり2K解像度のハンドセット、xxxhdpi登場です。

これはアプリ開発だけにとどまらず、スマートフォン用サイトもこの解像度で表示されることを忘れてはいけません。
その上、4GだのLTEだのWiMAX2だの登場してますが、いずれも一般的な通信網として普及しきっていません。
さらに加えて、通常の3Gよりも帯域の細いMVNOの普及が増えつつあるため
「通信速度は遅いまま、解像度だけがどんどん大きくなる」
というかなり厳しい状況が続いています。

個人的にはこの高解像度需要は日本が顕著のような気がしているので、国内でSVGなどのベクター系の画像を上手くつかった、低容量でのデザイン技術が伸びてくれればいいなと思っています。

とまあここまで書いておいてなんですが、いくらLGとはいえisaiはそんなに売れない気がします。
むしろこれ自体より、この登場をきっかけに、他のキャリアもWQHD解像度端末を積極的に出してくるだろうという点が一番の注目ではないでしょうか。


Xperia ZL2
http://www.au.kddi.com/mobile/product/smartphone/sol25/spec/
5.0インチ 1980x1080px

Xperia新型ですが、正直なところ、個人的に目新しさはありません。


Galaxy S5
http://www.au.kddi.com/mobile/product/smartphone/scl23/spec/
http://gpad.tv/phone/kddi-au-galaxy-s5-wimax2-scl23/
5.1インチ 1980x1080px

こちらもサムスンのフラッグシップ端末の最新型ですが、もはやS3以降でシェア一強という感じもなく、今回も「数あるフラッグシップモデル」の1つという扱いではないでしょうか。


AQUOS SERIE
http://www.kddi.com/corporate/newsrelease/2014/0508-83-5/
5.2インチ 1980x1080px

個人的に意外だったのは、こういうときに高解像度の壁を乗り越えてくるシャープが普通のFHD端末を出してきたところでした。
ドコモ辺りにはWQHD端末を用意しているのでしょうか?少なくとも、今回どんな○○トップが作られても、こいつは当てはまらない感じがしています。

URBANO
http://www.au.kddi.com/mobile/product/smartphone/l03/spec/
5.0インチ 1980x1080px

前回HD端末だった反省をいかしてのFHD端末ですが、正直この全部緑デザインは国内では受けが非常に悪いと思うのですが、どうなんでしょうか。


TORQUE
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2014/05/08/besshi336.html
4.5インチ 1280x720px

個人的にデザインも端末の大きさも最高の端末なのですが、元々がちょうど1年前に発売されていた端末のため、スペックは完全に劣っているため、趣味端末か、本当にスゴイところで生活や仕事をしている人たち用の端末というべきシロモノです。
かっこいいのになあ……。


Xperia Z2 Tablet
http://www.kddi.com/corporate/newsrelease/2014/0508-83-8/
10.1インチ 1920x1200px

Xperiaタブレット自体は以前から品質的に非常に良いという話を聞きましたが、いかんせん値段が高いため「安いタブレットならNexus7買うし、高くてもいいのを欲しいならiPad買う」と言うのが国内事情(おそらく)。
今回も特別に気にするほどシェアが増えることはないと思います。

ASUSU memo Pad 8
http://www.kddi.com/corporate/newsrelease/2014/0508-83-9/
8インチ 1920x1200px

要はNexus7改良版、というかASUS色を強めたタブレットです。
上と同じ理由で「安いタブレットならNexus7……」という選択肢があるため、これもそれほど売れるとは思えない印象です。



というわけで、今回の2014年夏モデルは全般的に「数はあるけどぱっとしない」というのが印象です。いちおうOSは全部4.4のようですが。
isaiにも書いていますが、ついに現れた2K解像度ハンドセットの登場により、他のキャリアも追いつけ追い越せで今後は2K解像度ハンドセット端末が明らかに増えていくことになるかと思います。
そこで出てくる問題は、すぐに読み込めるけどぼやける画像とぼやけないけど容量が大きくて読み込みに時間のかかる画像の取捨選択。
なにか上手いこと、レスポンシブのように「見た目のサイズが変わる」のではなく、「端末の解像度を読み取って、送信する画像サイズを選択する」といったような技術がどんどん生まれてほしいなあと思うこの頃でした。
[PR]