個人的なGoogleIOのオススメセッション

前回、配信セッションをくまなく見て楽しむ気があるなら家で見た方がいいと勧めましたが、個人的にオススメのセッションを紹介します。

<Keynote>
なにはともあれ、やはりKeynoteは見るべきです。特にこの後行われていくセッションの概要みたいなものが語られます。
さらにここでの発表を通じて、全てのセッションのスケジュールが公開されます(一部はネタバレになるためか、直前まで非公開になっていることがあります。今回もそうでしょう)。

というわけで、なにはともあれ、まずはKeynoteを見ましょう。ただ個人的にいえばここは前座です。
エンジニア的に本番はここから先のセッションだと思っています。

<What'new in ○○○>
現時点でこの名称になっているセッションはAndroidとAndroid Developer Toolsのみのようです。
ここでは主にKeynoteで紹介された、新機能等の詳細が語られるセッションになります。
Android Developer Toolsは基本はAndroid Studioの話ですね。内容的にもエンジニアに向けたセッションとなっているので、非常におすすめです。というか個人的にはここが本番です。

<Android Platform Fireside Chat>
Androidのプラットフォーム開発関係者たちが集い、一般参加者からの質問に答えるセッションです。そういった内容なので映像的な資料はなく、英語が弱い人にはかなり辛く(かなり辛い)、個人的にもこのセッションを翻訳して公開する人は英雄視される傾向にあります(諸説あります)。
ちなみに今年はおそらく「SwiftとかKotlinを公式サポートしてくれないの?」みたいな質問が出ると思います。
そして微妙な空気で「いや、フレームワークがJavaで書いてあるんで……(聞かなくてもわかるでしょ?)」みたいな回答が出てくるんじゃないでしょうか。2年前の同じような質問がありました。この時はScalaでした。

<Magnus Hyttstenおじさんのセッション全般>
毎年Google Play Serviceのセッションがあるんですが、今回はまだスケジュールにありません。
もしかしたら現在非公開の状態になっているかもしれないし、本当に今年はないのかもしれません。

絶妙にダサいスライドを挟みこんだり(たまに本当にダサいジングルが流れる)、参加者にコールアンドレスポンスを強要したりTシャツバズーカを撃ちまくったりと、明らかに他のセッションに比べて異質な雰囲気で進行する、個人的に一番「楽しい」セッションです。
この時点で大体4時間以上は英語配信を聴き続けて疲れた脳への一服の清涼剤として、非常におすすめです。

参考:去年のGoogle Play Serviceのセッションと、Magnusおじさんらしさがよく出ているGoogle Play Service8.4紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=rimovXSTU_Q
https://www.youtube.com/watch?v=-xwKQa9Tm5k

というわけでオススメのセッションでした。この他にも魅力あるセッションがあると思いますが、たまに別に新機能でも新技術でもなんでもないものを「おさらい」みたいにやっているセッションもあるので(去年のWear通知関連はそんなだった覚えがある)、もし見て「あ、これ既視感あるぞ」と思ったら、さっさと別の配信チャンネルを見るか、仮眠をとることを個人的にはオススメします。
[PR]
by yamacraft | 2016-05-10 23:30 | いろいろ