2016年 05月 09日 ( 1 )

keynote以降のセッションに(特に)興味がある人は、Google I/O Extendedへの参加はオススメできません。
これは自分の経験や毎年の現地の情報からですが、基本的にKeynoteセッションが終わるとほぼ解散の雰囲気だったり、実際に会場が解散するスケジュールになっている場合がほとんどだからです。

個人的にGoogle IOで一番気になるセッションは「What's new XXX」系なんですが、特に一番気になる「What's new in Android」は今年もKeynoteの次のセッションに設定されています。
これがGoogle I/O Extendedに参加した場合、この時間帯を悲しく電車の中で過ごしてしまう可能性があります(約3年前に実際に起きた悲しい出来事)。

また公式のGoogle I/O Extendedではリアルタイムで翻訳してくれることもあるようですが、それもやはりkeynoteセッションだけのようです。
結局それ以降は各人の英語力に委ねられることになります。

ということで、もしあなたが「Google I/Oで配信するセッションを全部見るぞ!」という強い決意をもっているのであれば、きちんと参加するイベントがどこまでの配信をやってくれるのかどうかを調べておきましょう。
とはいえ、全セッションが終了する11時ぐらいまでやっている会場なんて、ほぼ間違いなくありません。有給をとって家で見ましょう。人生は孤独との戦いです。
[PR]
by yamacraft | 2016-05-09 23:30 | いろいろ