カテゴリ:いろいろ( 46 )

タイトルに書いたとおり、たとえばGoogle Japanが開催地の勉強会や、GDG Tokyo主催のイベントへの参加を控えようと思います。直近の話でいうと、10月9日に開催される「DevFestTokyo2017」の参加はキャンセル手続きを行いました。

理由はいわずもがな、「Pixel 2」の日本未発売に関してです。

あといちおう書いておきますが、これは自分が参加しないと決めただけの話です。ですので、他人に強要や同調は求めていませんし、参加する方に何か思うことがあるわけでもありません。単にGoogle Japan(のAndroid方面)が行う「デベロッパー支援」に対して不信感が拭えないというだけの話です。

そのうち、自分の中で腹落ちできる出来事があれば参加するようになると思います。

以上です。

[PR]
by yamacraft | 2017-10-07 23:05 | いろいろ
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年は3月のdroidkaigiのスピーカー参加という大仕事もありますが、基本は粛々と「ものを作る」をメインテーマに、その副産物としていろんな技術を共有できるようにしたいなあと思います。
これ去年も同じテーマだった気がするんですけど、気にしない。

あと2〜3ヶ月前からやっていましたが、SNSの使い所を見直そうと思った結果、今年からFacebookは本格的にTwitterの連携投稿のみで放置対象になります。なんか社交場感とPrivate領域感が強くて自分にはとことん合わないなあと思ったので。Messengerは使いますが、メッセージリクエストに関する反応はとことん遅れる場合がありますのでご注意ください。
[PR]
by yamacraft | 2017-01-03 21:30 | いろいろ
僕に「○○」の話させたら長くなりますよ Advent Calendar 2016の16日目の記事になります。
このシリーズ、元ネタの都合上ひたすら長くなったり、内容に間違いとかあっても許されてる感じがあってとてもいいと思いました(言い訳)。

梅原大吾選手(以下ウメハラ選手)という格闘ゲームプレイヤーがいます。格闘ゲーム界隈では昔からの有名人でしたが、4年ほど前に出版された『勝ち続ける意志力』がゲーム界隈以外の著名人から注目されたり紹介されたことがきっかけになったのか、ここ最近は各種メディアで紹介される機会が増えたように感じます。

特に現在のウメハラ選手を紹介する際に欠かせない『背水の逆転劇』。これは2004年にアメリカで開催されたゲーム大会「Evolution(現在のEvo)」における「ストリートファイターIII 3rd strike(以下3rd)」部門のトーナメント内でのある試合のことを指します。
内容はウメハラ選手が地元アメリカの有名プレイヤー、ジャスティン・ウォン選手(以下ジャスティン選手)との試合で決めた劇的な逆転勝利で、これが撮影された動画はYoutubeで100万回以上再生されています。

背水の逆転劇 - YouTube

この動画はウメハラ選手がテレビで紹介されるときにだいたいセットで流されています。実際、3rdや格闘ゲーム自体に詳しくない人も「よくわからないけどなんか凄いことは分かる」という評価をしばしば聞きます。

ですがこの動画、テレビで紹介されるときは(尺の都合もあって)非常に簡素な解説が添えられるだけで、どれだけ凄いことなのかが全然語られていない印象がありました。そんなわけで今回のアドベントカレンダーをキッカケに、動画勢で3rd初心者プレイヤーである自分が頑張って「なにが凄いのか」を頑張って解説します。

ふしぶしで間違っていたり勘違いしてる部分や、今回の解説には不要と判断して除外している部分もありますがお許しを。

まずひとつ目の質問、スト2って知ってますか?やったことありますか?(元ネタリスペクト)

試合の解説をするためには、まず最低限の格ゲーの知識がないとちんぷんかんぷんになるわけですが、流石にそこまで解説すると長くなりすぎるので省略します……本当にすみません……。
ただ、前提で知っておいてもらいたい知識は本当に基礎の基礎知識ですので、「格ゲー?子どもの頃にスト2やったことあるよ!遊び方もだいたい覚えてる!」ぐらいで十分です。

基礎の基礎

- 相手の体力を0にしたら勝利(KO)。体力は「体力バー」として表示されている。
- 攻撃はボタン一つでだせる「通常技」の他に、特定のコマンド入力によって出せる「必殺技」がある
- 操作キャラクターはレバー(十字キー)で操作、上入力でジャンプ、下入力でしゃがむ
- 相手がいる方向と逆の向きにレバー(十字キー)を入力すると攻撃をガードすることができる
- 必殺技はガードしても、体力バーがわずかに減る(削られる)

以上です。

d0252816_00033474.png


ちなみに大前提ですが、画面左の白い道着を着たキャラクターがウメハラ選手の操る「ケン」で、右がジャスティン選手の操る「春麗」です。

二つ目、3rd独自のシステムはどれくらい理解されてますか?(元ネタry)

3rdはスト2からいくつかのシステムが追加されました。

(1) スーパーアーツ(SA)ゲージ/スーパーアーツ/EX必殺技

d0252816_00040297.png


画面下に表示されているゲージです。これは攻撃をしたりそれを当てたり(ガード含む)、逆に攻撃を受けてしまったりブロッキング(後述)することで蓄積されていきます。
そしてこのゲージを1本分まるごと消費することによって威力の大きなスーパーアーツ(以下、SA)という種類の必殺技を出したり、一定量を消費することで、通常よりも威力や性能の高い必殺技(EX必殺技)を出すことができます。

(2)ブロッキング

d0252816_00041609.png

ブロッキングすると「カァン!」と気持ちの良い効果音と画面エフェクトがかかるので判別しやすいですね。

このゲーム最大の特徴であり、この動画の最大のキモともいえるシステムです。

雑に説明すると、「ニュートラル(レバーがどこにも入力されていない)状態で相手の攻撃を受ける瞬間、相手の方向に向けてレバーを倒すと、その攻撃を『1度だけ』防ぐことができる」防御システムです。

ブロッキングはガードと違い、必殺技だろうとSAだろうと体力ゲージは削られません。それだけでなく、ブロッキングした相手の動きが一瞬止まります。ここからの反撃で、相手に手痛いダメージを与えることができます。実際に『背水の逆転劇』も、春麗のSAをブロッキングしての反撃による逆転劇になっていますね。

ちなみに3rdはスト2同様、ジャンプ中はガードすることはできませんがブロッキングをすることは可能です。

『逆転の背水劇』の解説:何をやっているのか

ということで上記のシステムを踏まえて、実際にこの動画では何が起きているのかを解説します。

(再掲)背水の逆転劇 - YouTube

動画ではジャスティン選手が操る春麗の体力バーの長さに対し、ウメハラ選手の操るケンの体力がほとんどない状態から始まっています。ウメハラ選手が猛攻を振るうものの、ケンの体力もじわじわと減っていき0:20では春麗の攻撃と相打ちになってしまい、ケンの体力はほぼ0となってしまいました。

d0252816_00043452.png

画質が荒いのでとても分かりづらいですが、ケンの体力バーは残り数ドット。必殺技によってはガードによる減少値だけでもKOしてしまう状態です(ガードもできない状態、は間違いかもしれない…)

そしてこの状態で春麗はSAゲージが1本分溜まっています。ジャスティン選手は決着をつけるべく春麗のSA『鳳翼扇』を発動しとどめを刺すつもりでしたが(0:26)、その攻撃は全てウメハラ選手によってブロッキングで捌かれてしまい、ケンの反撃によって逆にKOされてしまいました(0:32以降)。

d0252816_00050913.png

最後、ジャンプしてのブロッキングから強K>しゃがみ中K>中昇竜拳>(昇竜拳の1発目をキャンセルして)SA『疾風迅雷脚』という連続技で逆転勝利を決めました。

『逆転の背水劇』の解説:鳳翼扇のブロッキングについて

というわけでこの動画の一番の見所は、春麗のSA『鳳翼扇』をすべてブロッキングしているシーンで間違いないでしょう。

ところでこの記事の最初に書いたブロッキングの説明を思い出してください。ブロッキングは「一度だけ」の攻撃を防ぐシステムです。ところが該当のシーンを見るとケンは何回もブロッキングをしています。そう、鳳翼扇は最大17ヒットするSAなので、ウメハラは17回ブロッキング入力を行っています。

とはいえ鳳翼扇は1ヒット目のブロッキングに成功すると、2〜17ヒット目までのブロッキングはそこまで難易度が高いわけではなかったりします(簡単と言っているわけではない)。実際にトッププレイヤーの試合の中で鳳翼扇を全てブロッキングしたり途中までブロッキングして反撃に転じるシーン、決して0ではありません。ただ、ゲームの見栄えとしては最高の部類の一つなのは間違いないでしょう。

参考:電撃 - ヌキが目隠しで背水の逆転劇! ウメハラ伝説を検証する“ふ~ど&ゴローのゲーム人間学園”の結果は?

それを踏まえると、(メディア関連では)あまり注目されていない「鳳翼扇の1ヒット目をブロッキング」が、実は逆転劇において重要な要素だったりします。

『逆転の背水劇』の解説:ブロッキングの詳細と初弾をブロッキングするまでのやりとり

ブロッキングの入力は「ニュートラル状態から相手に向けてレバーを倒す」でしたが、正しく書くと「レバーを倒してから6〜10/60秒(0.1〜0.17秒、レバーを再度ニュートラルに戻すことで0.17秒まで延びる)の間、相手の攻撃が当たるとブロッキングとして防いでくれる」です。ブロッキングを受け付けてくれる時間はかなり短いです。

さらにブロッキングには「封印時間」が存在します。「ブロッキングの受付時間(0.1〜0.17秒)が終わってから23/60(0.38)秒、ブロッキング入力は受け付けない」という制約が存在します。そのため、ブロッキングは適切に「ここで攻撃が当たる!攻撃を当ててくる!」というタイミングで入力しないといけません。

ということで、動画の0:21〜0:26付近を見てみましょう。春麗はケンから離れた距離で、攻撃を空振りしたり、小刻みにしゃがんだりという行動をとっています。これはジャスティン選手がブロッキングされないように鳳翼扇の発動タイミングを読まれないようにするために行っています。

上級プレイヤーともなれば「どんな技で攻撃されるか」が分かって、そのタイミングまで把握できると簡単に攻撃をブロッキングしてしまいます。
さらにSAは威力が強力な代わりに、コマンドも通常の必殺技より複雑です。鳳翼扇のコマンドは、自身が右向きの時は「下、右下、右、下、右下、右+キックボタンのいずれか」です。このコマンドの都合上、途中で春麗がしゃがんでしまうため(場合によっては素早く二度屈伸するような感じになる)、相手に鳳翼扇を発動するタイミングがモロバレになってしまいます。そのため、ジャスティン選手はわざとすばやく屈伸させたり攻撃を空振ってその間に鳳翼扇を入力しているようなフェイントをかけて、ウメハラ選手に誤ったタイミングでブロッキング入力をさせるようにしています。
ここで改めて書くまでもないですが、ケンは体力がもうないので、鳳翼扇をガードしてしまうと、その時点で体力が削られてKO負けになってしまいます(とはいえ、ここは断言できるほど自信がない)。

と、動画を見た上でここまで読んだ人は一つの疑問があるかもしれません。それは、鳳翼扇が発動するときの仰々しい演出。「この演出見てから入力すれば、ブロッキングできるじゃん」ということを。

d0252816_00053316.png

わざわざズームアップまでしてくれるSA発動演出。ちなみにこの動画でケンがとどめを刺すときに使った技もSAなので、同様のズームアップ演出が入っています。

結論からいうと、この演出中(暗転中とも呼ばれています)は各種入力の受付は除外されます。そのためこの演出中にブロッキング入力をすることはできません。

とはいえ、暗転終了から実際に攻撃がヒットするまでは3/60(0.05秒)の猶予があります。そのタイミングを見極めてブロッキングを入力すればいいのですが、非常にシビアです。では実際、ウメハラ選手はどのタイミングで入力しているのでしょうか?

0:26で鳳翼扇が発動する直前のケンをよく見てみましょう。

d0252816_00055972.png


直前のコマは荒すぎたので、暗転終了直前(まだ入力不可)のキャプになりますが、ケンは暗転直前に棒立ち状態から前進しています。つまり、ウメハラ選手はジャスティン選手の行動を完全に読んで、このタイミングでブロッキング入力をしていることがわかります。直前で春麗がしゃがんだ瞬間に動いているので、ここで鳳翼扇を入力したと判断して動いているのだと思います。

ということで長いですが、背水の逆転劇のブロッキング直前だけでも、こんな読み合いが行われていたわけです。

『逆転の背水劇』の解説:反撃の選択

鳳翼扇のブロッキングの解説は終わりました。途中にも書きましたが、ウメハラ選手は最後のブロッキングをわざわざジャンプブロッキングという、そのままブロッキングするよりも失敗するリスクが高い行動を選択し、

ジャンプ大キック > しゃがみ中キック > 中昇竜拳 > 疾風迅雷脚(SA)

という「連続技(説明は省略)」で逆転勝利を手にしました。ちょっと自信がないですが、おそらくこれは鳳翼扇を全てブロッキングした際のケンができる最大威力の反撃パターンです。最後の一撃を地上でブロッキングしていた場合、そこからジャンプしても春麗のガードが間に合ってしまうので、この時はしゃがみ中キック>〜しか当てられなかったでしょう。

そしてこの連続技で春麗をギリギリのところでKOしています。この反撃でKOできるとウメハラ選手が確信していたのかどうかわかりませんが、入力に失敗するリスクもあるし、それだけでKOできないかもしれないという判断リスクもある選択肢を、ブロッキングの数秒間に判断して実行し、成功させた点は素晴らしいと思います。

『逆転の背水劇』の解説:ジャスティン選手の「甘さ」

と、ここまで書いた「逆転の背水劇」ですが、「そもそも鳳翼扇でとどめを刺そうとしたジャスティン選手が甘い」という評価をしばしば目にすることがあります。

実際に今回解説書きながら、自分でもそう思うほど鳳翼扇は「全てブロッキングされると、その反撃でそのままKOされるリスクがある」技だったと言えます。
この他の春麗の攻撃の選択肢は反撃こそあっても、一回のミスでそのままKOまで持っていかれるようなリスクのあるものではありませんでした。
そう考えると、ジャスティン選手が鳳翼扇で決着をつけようとしたことは確かに「選択肢のミス」とも言える行動であったし、逆にそのミスに対して一番のリスクをキチンと与えて勝利したウメハラ選手の判断と行動を成功に導いた集中力は評価されるべきものと思います。

結論:なにがすごかったのか

Evolutionはアメリカで開催されている大会でもあり、現地の観戦者のほとんどは米国人、さらに対戦相手はアメリカの有名プレイヤーであったジャスティン選手でした。ウメハラ選手も当時から海外でも注目されていたゲーマーであり、後述しますがこの年の1年前の同大会でハイレベルな試合を見せていたこともあり、注目度は相当なものだったと思います(あの動画で聞こえる最後の歓声からしても)。

そんな中でウメハラ選手は絶体絶命の状態で「一度のミスが許されない状況で、相手の出したしまった隙に対して、もっとも最善な手をまったくのミスなくこなして勝利を決める」ことを決めた、そのテクニック以上の精神力の強さが『背水の逆転劇』の評価ポイントなのかなと私は思っています。

おわりに

以上で長くなりましたが、逆転の背水劇の解説でした。

ちなみによく勘違いされているのですが、この背水の逆転劇の試合は「決勝戦」ではありません。
このあとウメハラ選手は決勝戦で同じく日本から招待されたKO選手と対戦し敗北、準優勝で終わります。

Evo 2004: KO (Yun) vs. Daigo Umehara (Ken) - SFIII Grand Final - YouTube

ちなみにこのKO選手、3rd界ではいまなお最強プレイヤーとして名前が必ず上がるほどの強豪プレイヤーで、さら1年前(2003年)のEvolutionでもウメハラ選手はKO選手に敗北しています。

Street Fighter III 3rd Strike - EVO2k3 K.O vs ウメハラ part1 - YouTube

そしてこの翌年(2005年)、当時日本国内で最大の格闘ゲーム大会だった『闘劇05』にて、KO選手にリベンジを果たして優勝するという劇的なドラマがあったりするわけですがそのあたりは割愛します。

STREET FIGHTER 3 3rd Strike 闘劇'05決勝 - YouTube

追伸

ここまで長々と解説してきた『背水の逆転劇』の舞台となった「ストリートファイターIII 3rd strike」の大規模大会「クーペレーションカップカップ」が1月7日と8日に開催されます。

第15回クーペレーションカップ2017 - The 15th Cooperation Cup 2017

たぶんウメハラ選手は出ませんが、ちょっと話題にだしたKO選手は出るみたいですね。配信もやるそうです。

[PR]
by yamacraft | 2016-12-16 00:08 | いろいろ
なぜならまとまりの無いことを、ひたすらだらだら書き連ねるからです。
あと16日に『僕に「○○」の話させたら長くなりますよ Advent Calendar 2016 - Adventar』でウメハラの背水の逆転劇のことを書く予定です。
そしてちっともエンジニアらしいことが書けなかったので、Qiitaではなくここの記事にしました。

それとこれは『筋肉 Advent Calendar 2016 - Qiita』の13日目の記事です。

はじめに:書いてる人のスペックと言い訳

だらだらと10年以上筋トレを続けたりやめたり再開したりしてきました。

- 身長 163cm
- 体重 83kg
- 体脂肪率 26%

30代男性の体脂肪率は27%からが肥満らしく、日によって27%が出たりすることもあるので立派に肥満に足を踏み入れてる勢でもあります。いや今年は20%まで落とすつもりだったはずなんですけど……。

参考:体脂肪率平均表(男性、女性、年齢別)

ちなみにBMI上の163cmの適正体重が58.5kgらしく、これは体脂肪を0%にしてもなお上回ってしまうので、一般人よりは筋肉ある勢という認識です(言い訳)。

ついでに:体重はいつ測るべきか

汗や尿で水分を排出すれば体重は減ります。ココ壱で1kgのカレーを食べた直後は1kg体重が増えます。質量保存の法則です。

さらに一般的な体脂肪計は電気抵抗をつかって体脂肪を測っているため、その時点の体内の水分量だったり、体脂肪計と人体の接地面が乾いているか濡れているかでも大きく変わります。またこうした測定方法のため、使う機器によって体脂肪の数値は結構ぶれます(最近の体脂肪計なら、その辺りのブレはかなり落ち着いているかもしれないですが)。

ということもあって、例えば起床直後に測った方が外的要因で体重の変化が少ないので比較的安定した数値がとれます。あとその日その日の数値で一喜一憂するのではなく、定期的な計測とそれによる相対的な変化を見た方がいいかなという感じです。

ちなみに自分は土日に計測して(平日はちょいちょい忘れるので)、スプレッドシートに記録しています。最近登場したGoogle Data Studioを使うと、スプレッドシートのグラフ機能よりもカスタマイズしたグラフが作れるのでおすすめです。

d0252816_13414397.png


なんかこうして見ると、体脂肪変化なくて体重だけ増えてる……。よし、なら筋トレを語っても許されるな!(ポジティブ)

カジュアルホームトレーニングとはなにか

造語です。家でトレーニングするけど諸事情で「ガチ」なトレーニング設備を整えられない人たちのホームトレーニングを指しています。
なんでこんな呼び方をしてるかというと、あくまでも持論ですが「本気でホームトレーニングをしたいならパワーラックと関連の設備をさっさと買え。」という結論になってしまうからです……。

ホームトレーニングで本気を出すならパワーラックを買え

お金と部屋の広さと騒音等々に制限がないなら、ホームトレーニングはパワーラック+バーベル+ベンチの3セットを揃えるのが最強という認識です。パワーラックは立方体の骨組みになっているものを指します。

ウェイトトレーニングにおけるBIG3(ベンチプレス、デッドリフト、スクワット)がなぜいいのかというと、この3つだけで腹筋以外の体幹周りのトレーニングができてしまうからです。しかも高強度で。体幹は大事。

さらにパワーラックならチンニング(懸垂)も出来てしまいますし、同様にぶらさがった状態でレッグレイズもできるので、腹筋のトレーニングバリエーションも自然に増えます。筋トレが全てを解決するのであれば、パワーラックは筋トレを全て解決してくれます。

なので1戸建てに暮らしていて、さらに6畳ぐらいで天井が低くもない部屋を1つ自由に使えるのであれば、さっさとパワーラックを買ってしまいましょう。

トレーニングスペースを考える

とはいえパワーラックは値段も高いし、それ以上に部屋をかなり専有します。パワーラックを使うとバーベルを使うことになって、バーベルに取り付けるプレートの置き場所も用意しないといけないし、種目によってはベンチをどかすためのスペースもいるので、必要なスペースは想像以上に広いです。

とはいえ「パワーラック使う以外に筋トレはありえない」とは思いません。あくまでもこれは「高負荷で効率的に筋トレするための最適解」でしかないからです。筋トレはやればやった分に対して結果は必ず返ってきます。そこに体質だったり食事内容だったり、他の補正がちょっと強めにかかっているだけです(というか、筋肉をつけることに関して一番大事なのは食事だったりしますが、そこは筋トレの話なので割愛)。

というわけで長くなりましたが、とりあえず最低限ホームトレーニングをするために必要なスペースはどれくらいになるでしょうか?

個人的には「1畳程度」かなあという認識です。これだけあれば腕立て伏せ(プッシュアップ)や腹筋(シットアップ/クリンチ)、背筋(バックエクステンション)ができるからです。これだけできる広さなら、当然スクワットもできます。まずはこの4種目だけでもはじめてしまえば良いと思います。体幹は大事。はじめるのはもっと大事。シャイア・ラブーフも言っている。

Shia LaBeouf Just Do it! :::日本語字幕::: シャイア・ラブーフの激励 - YouTube

自重によるトレーニングは、どうしてもフリーウェイトやマシンに比べて負荷が軽くなるぶん回数をこなさないといけなくなりますが、慣れないうちに無理な高負荷のトレーニングは怪我もしやすければ、ガタガタのフォームになってしまってただ疲れるだけのトレーニングになってしまいがちです。

それとこれは自重に限らずですが、トレーニングで大事なことは「回数をこなす」のではなくて「筋肉に刺激を与える」ことです。例えば腕立て伏せの場合、100回やってまだ続けられそうな体力を残す勢いでやるぐらいなら、身体を沈めてから持ち上げるまでの動作をめちゃくちゃゆっくりやることで10回で身体が上がらなくなった方が、筋トレの意味があります。(これは筋肉より先に神経が疲弊してるだけとかいう反論もありますが、前者は神経すら疲弊できていないことになるので……)

器具は何から買うべきか

ある程度「トレーニングをする」という習慣がでてくれば、器具を買いはじめても良いでしょう。逆に買ってからやる気に満ち溢れるタイプであれば先に買ってしまっても良いでしょう。

個人的にオススメなのはプッシュアップバーと腹筋ローラーです。プッシュアップバーは単純に腕立て伏せの可動域が広くなるためで、腹筋ローラーはシットアップやクリンチよりも腹筋に負荷の高いトレーニングができるからです。どちらもトレーニング器具としては安価で小型です。置き場所にも困りません。あ、腹筋ローラーは転がるのでやや困るかな……。

鉄アレイやダンベルは、確かにより負荷の高いトレーニングができるようになりますが、引っ越し時にはかなりやっかいな代物になりますし、落下させた時に床を大きく傷つけてしまいます。まだアパート暮らしと何度かの引っ越しを計画している人にはオススメできません。

なのでトレーニングチューブの購入をオススメします。最近は通販で初心者レベルから上級者レベルの様々なチューブが変えるようになりました。フリーウェイトと違って負荷がかかるタイミングが異なるので慣れが必要です。ただ僧帽筋、広背筋、脊柱起立筋といった部分は自重だけで適切な負荷をかけていくのは難しい部位なので、結構早い段階でチューブが必要になるんじゃないかと思います。

おわりに

長くなりましたが以上になります。

これは筋トレに限った話ではありませんが、どんなモノでも「やらなければ結果は得られないし、やればやった内容に対する結果は得られる」ものです。

もしこれを読んでいる方が本気でボディビル大会とかベストフィジーク大会で優勝を目指しているわけではなくて、「いまの自分を少しでも良くしたい」のであれば、自分の現在の環境でできるトレーニングを考えて、さっさと始めるべきです。大事なことはやることです。シャイア・ラブーフも言っています(再掲)。

Shia LaBeouf Just Do it! :::日本語字幕::: シャイア・ラブーフの激励 - YouTube

言いたかったこと

- 本気でホームトレーニングやりたければパワーラックを買え
- トレーニングは自重でもなんでもいい、やれ
- 「回数をこなす」ではなく「刺激のある」トレーニングをやろう
- 体幹は大事

[PR]
by yamacraft | 2016-12-13 13:30 | いろいろ
行動指針 Advent Calendar 2016 - Adventar の5日目の記事です。

d0252816_11385034.jpg


『男は度胸!何でもためしてみるのさ』

自分の基本となる行動指針はコレです。元ネタを調べようと検索して後悔することになっても責任は負いません。ついでにいうと、自分もこれは当時2ちゃんねるでブームになった頃に知りました。

当時はただのネタ台詞という認識だったんですが、社会人生活の中でやるかやらないかで迷うことって結構多いんですよ。「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」みたいな言葉もありますけど、それよりももっと直接的で勢いがある。ネットスラング化したワードだと、それで失敗した時の後悔も小さくなるというか、なんとなく笑い話になっているような気もする。

で、結局この行動指針の結果

- アパートを追い出されながら転職活動という博打に勝って転職成功
- WWDCに会社経費で参加
- 各種勉強会にLT参加するときの精神的な気後れからの解放
- 勉強会によって出来た交遊からのDevFestTokyo登壇(からのダブルチャンス到来)
- droidkaigi2017にCFP出したら受かった

等々、周りが見たら「チャンスに恵まれてるなあ」と思われるようなことをいくつも経験できたし、それは小さな「やってみる(ためしてみる)」を続けた結果でもあるので、どうにもモノゴトをやることに気後れしてしまいがちな人は、「男は度胸!何でもためしてみるのさ」を行動指針にしてみるのもいいんじゃないでしょうか。

とはいえ元ネタと同じ状況になったらやるかって言われたら、嫌です…。

[PR]
by yamacraft | 2016-12-05 21:30 | いろいろ
11月29日(火)に開催されたpotatotips 35にLTで参加してきました。

potatotips #35 (iOS/Android開発Tips共有会) - connpass

発表資料
FirebaseUI-Android // Speaker Deck

久しぶりの5分LT、今度は時間配分が全然できなくて1分30秒ぐらいオーバーしてしまったし、それ以前に資料の内容もろくにキチンと説明できなかったという後悔が著しい。やっぱり自分はしっかり準備しなくちゃダメだ、という大きな反省点。

懇親会では新たにガッツリFirebaseを利用されている方と話ができて、そこで新たな知見を得ることができたのでとても有意義、いやほんとにこの懇親会のおかげで「来て良かった」と思えました。

という感想になってしまった、当日のpotatotipsにおいて非常にもやもやとした出来事があったので「もうこういうこと、やめようよ?」という訴えを兼ねて記事にします。
あくまでも参加した個人の意見です。



何があったのかというと、当日の発表内容の中で、ある方の「自己紹介」のスライドが『Xamarinハンズオンのピラミッド』をパロった内容だったわけです。

2016/11/29 #potatotips (iOS/Android開発Tips共有会) 第35回 - Togetterまとめ

率直に言って、唐突に出てきたこのスライドは本人が時事ネタを使ったジョークのつもりだったんでしょうが、正直これはXamarinコミュニティをただ茶化し、中傷しているだけのものにしか見えませんでした。
なのでこの時は短絡的に使っているような行為にドン引きしたし、「他コミュの唐突なディス行為に、他の人(こちら)を巻き込むのはやめてくれ!」という気分でもありました。

というのもこの手の勉強会の発表でこういうことがあって、それは咎められたといった情報がセットになっていない場合は「当日の参加者全員がそれを肯定的に受け入れた」という印象を持たれがちになるからです。実際に元ネタであるXamarinハンズオン、いろいろネット上に出ている情報を見て「あのスライドとか誕生日会を参加者全員が受け入れて楽しんだ」と思っている人の方が多いんじゃないでしょうか。実際に苦痛に感じた人がいたかはわかりませんが、全員が受け入れているという確証もないと思っています。

特にこの大元の件に関しては、内容を見て自分もいろいろと思うことがあったので「ただ茶化して遊んでいいおもちゃと認識している人」の一人としてまとめられたくありませんでした。

さらにpotatotipsではアンチハラスメントポリシーを掲げていることに対して、元ネタを知っている当日の運営側の一人がネタに肯定的なつぶやきをしていたことも気にかかりました。この件については別途運営にメールで意見しています。

そもそも勉強会で技術的な話をする上で、それぞれの思想や「あるべき論」みたいなのを話していくと、時には知らず知らずにどこか(企業だったりコミュニティだったり)を批判してしまったり、語気の強さで誰かを傷つけてしまうことはありえる話だと思っているし、それを完全に避けることは難しいことだとも認識しています。

ただ今回は本題と違う部分での『ディスリスペクトをベースにしたジョーク』なので、これは意識的に避けることができます。
こういったディスリスペクトジョークはせめて気の知れた間柄でのみ行って、こうした第三者の善意の許容に依存するような形で使うのは控えて欲しいなあというのを、感じました。

以上です。

参考リンク

xamarinコミュニティの炎上について思うこと - 生涯未熟

ここを気をつけるともっと良くなる勉強会の発表 - Shin x Blog

RubyHiroba 2014 - RubyHiroba 2014でのアンチハラスメントポリシー抵触問題について(第2報)

RubyHiroba 2014 - RubyHiroba 2014でのアンチハラスメントポリシー抵触問題について(第3報)
[PR]
by yamacraft | 2016-11-30 22:30 | いろいろ
ちょうど1年前からGTD等を下地にした『自分の記憶にいっさい頼らないタスク管理』を公私ともに進めていたんですが、気を抜くと簡単にタスクの保存箇所が分散する(GitHubのissueとかTodoistとか付せん管理とか)という問題はあるものの、自分が望んでいる効果が出てきたなという実感を得ることはできました。

この手のタスク管理は「自分で覚えておく」というのを放棄するかわりにリマインド機能をしっかりやらないと、結局タスクのことを忘れてしまうという課題があって、公私の「公(仕事)」はPCにかぶりついた状態だからこそGoogle カレンダーやTodoistのリマインド機能が有効に機能してくれていました。なのでTodoistはプレミアプランに入った。

問題は「私」の部分。家に帰ったら自分はPCにかぶりつくわけでもないし、下手したらスマホすら手元にない場合があるのでアプリのリマインドだと上手く機能しない。この場合だとアナログにすれば常に目につくから解決できるのかなあとも思うけど、常にふとしたタイミングで見る場所ってどこだろうというとテレビ側の壁ぐらい?なので、ホワイトボードシートなり何かを用意しようとすると割と大掛かりになりすぎて「頑張って本当に効果あるの?」という不安が拭いきれず行動に移せない。確実に「これならいける」って自信を持てるアイデアが欲しい。

という愚痴めいた脳内のアウトプット。
[PR]
by yamacraft | 2016-11-28 22:30 | いろいろ
d0252816_23421792.jpg

表題の通りです。DroidKaigiのトーク応募に2件応募して、うち1つが受かりました。

以下、受かった方のトークの詳細(応募当時)


『いまからはじめるAndroid 6.0対応 〜Android 7.0から8.xを見つめて〜』

知ってます知ってます。いまの最新版(droidkaigi開催当時)って7.1であることを。

とはいえAndroid 7.0対応の前にAndroid 6.0の対応が出来てないまま、誤魔化し誤魔化しアップデートを続けているアプリがあるんじゃないでしょうか?

いまはなんとかなっても、いつかはどうにもならず「苦渋の決断」をする日がくるのではないでしょうか?
本セッションでは7.0に向けた復習として、自分が業務で「いやここで対応すべきだ」と決断していくつかのアプリを6.0対応した際に得たノウハウを共有いたします。さあ、みなさんも早いうちに6.0対応を果たし、気持ちよく7.0対応を迎えましょう!

主に話す内容
* Apache廃止に伴う対応(さよならVolley、こんにちはokhttp)
* パーミッション対応と、コード以外に考えること
* その他、Android 7.0に加え、さらにその先のアップデートに備えて気をつけることはなにか


なんか無理やり7.0のワード入ってるけど、この内容って1年ぐらい話すの古くない?と思った方、正解です。 去年のDroidKaigiで応募するつもりだったネタです。

去年のDroidKaigiはちょうどいまの職場にジョインした直後の開催ということもあり、(そもそも入社時期もかなり無理なお願いをしたこともあったので)トーク応募も一般参加も不参加確定していたんですが、どうも去年はこの手の内容がなかったようだったのでせっかくだし応募してみた、という経緯です。なので受かった本人が一番驚いています。

トーク時間も30分で応募しているのでそんなに7.0とか7.1の話はやらず、本当に6.0対応の話ばっかりする予定です。

と、ちょっと採用されて困惑してる的な部分を出しすぎましたが(でも驚いたのは事実)、そもそもこういったレベルの「聞いた時点でマサカリで殴りつけられそう……でもなんとかしたい……つらい……」と悩んでいる人たちの手助けをしたいという思いが以前からあって、今回のdroidkaigiはとても良い機会に恵まれたなと思っています。あと4ヶ月ぐらい先の話ですが、当日参加されるかたはよろしくお願いします。


[PR]
by yamacraft | 2016-11-16 23:30 | いろいろ
Twitterだと文字数足りなさすぎるので、とりあえずデブサミの情報を見れるかまとめをここに。英語に自信をもった兄貴達はどんどん翻訳記事を公開していってくれると私がFirebaseの喜びを知ることができます。

keynoteを始めとした発表内容はYoutubeに上がっているので、これを見るのが一番っぽいですね。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLl-K7zZEsYLmYSsW6ED2QvHxuI3UzT0WZ

keynoteは1時間。他のセッションは30分程度。すでに英語字幕は設定されていました。

当日発表した内容の要約、というよりタイトルからしてこの半年間のアップデートも含めた解説記事っぽい(まだ読んでない)。
https://firebase.googleblog.com/2016/11/live-from-firebase-dev-summit-in-berlin.html

じゃあ早速中身を見ていくので以上です。「らしい」まとめができたらGistかQiitaに上げます。
[PR]
by yamacraft | 2016-11-09 15:35 | いろいろ
最近、ちょうど頭の中で考えている開発の手法だとか運用方法だとかがクックパッドの開発ブログで文章化されているので、人に伝えるときにとても重宝している。

というわけで最近の3記事は直近で見直したり見せたりすることがありそうなのでメモ。

"使える"プロトタイプ主導の開発プロセス - クックパッド開発者ブログ

ペンとふせんで!スマホUIのアイデアプロトタイピング - クックパッド開発者ブログ

iOSアプリの継続的デリバリーへの取り組みについての勉強会を開催しました - クックパッド開発者ブログ
[PR]
by yamacraft | 2016-10-17 22:34 | いろいろ