<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Android新端末情報
イオン、耐衝撃 MIL 規格に防水防塵対応の京セラ製タフネススマートフォン「KYOCERA S301」登場、3月27日発売 | GPad

イオン、子供向け学研とのコラボレーション学習教育タブレット「学研がんばるタブレット」登場、3月27日発売 | GPad

中国メーカー Innos、大容量 6000mAh デュアルバッテリー搭載 USB 3.1 Type-C 端子を採用したスマートフォン「D6000」発表 | GPad

フロンティアファクトリー、Acoustic Research 製ハイレゾオーディオプレイヤー「AR-M2」発表、価格138,000円で4月24日発売 | GPad

Vodafone、LTE 通信対応 Android 5.0 搭載 9.7インチタブレット「Smart Tab Prime 6」登場、価格249ユーロ(約32,000円) | GPad

Vodafone、LTE 通信対応 Android 5.0 搭載の5インチスマートフォン「Smart Prime 6」発表、価格189ユーロ(約25,000円) | GPad

アクセサリーメーカー Icon Q、オクタコアプロセッサ搭載 5.5インチスマートフォン「Q5.5」発売、価格199ドル(約24,000円) | GPad

Acer、スペックが異なる2種類のモデルが用意された10.1インチタブレット「Iconia Tab 10」発表、価格199.99ドル(約24,000円)より | GPad

イオン、子供向け学研とのコラボレーション学習教育タブレット「学研がんばるタブレット」発表、3月27日発売 | GPad
[PR]
Android新端末情報
シャープ、色々なシステム構築が可能な Android 搭載ネットワーク端末「IT ユニーバサルボックス SC-BX2」発表、4月下旬発売 | GPad

インド XOLO、LTE 通信デュアル SIM 対応 5.5インチスマートフォン「LT2000」発表、価格9999ルピー(約2万円) | GPad

イオン、子供向け学研とのコラボレーション学習教育タブレット「学研がんばるタブレット」発表、3月27日発売 | GPad

BlackBerry 子会社 Secusmart、サムスン製タブレット「Galaxy Tab S 10.5」をベースとしたセキュリティタブレット「SecuTABLET」発表 | GPad

DataWind、インド市場向け超低価格スマートフォン3機種「Pocket Surfer 2G4, 3G4, 3G5」発表、1999ルピー(約3,800円)から発売 | GPad

イオン、2015年春モデルとして4.3インチのコンパクトなソニーモバイル製スマートフォン「Xperia J1 Compact」発表、4月20日発売 | GPad

Neptune、Android 5.0 搭載の腕輪型ウェアブル端末と5インチポケットスクリーンをセットにした「Neptune Duo」発表(更新) | GPad

Aoluguya、Android 4.4 と Windows 8.1 OS を搭載したスティック型端末「Aoluguya M1」登場、価格140ドル(約17,000円前後) | GPad

Cubieboard、Allwinner オクタコアプロセッサ A80 搭載の小型開発ボード「CubieBoard4 CC-A80」発売、価格128ドル(約15,000円) | GPad

Qualcomm、64bit 対応クアッドコアプロセッサ Snapdragon 410 搭載のクレジットカードサイズ開発ボード「DragonBoard 410c」発表 | GPad

スマートフォン関連
ビッグローブ、訪日外国人向け手裏剣が作れる折り紙が同梱されたプリペイド SIM カード「NINJA SIM」発売 | GPad

グーグル、同社最大のイベント「Google I/O 2015」を米国サンフランシスコにて5月28日より開催、参加申込は3月17日より開始 | GPad

グーグル、Google Play のアプリやゲームを年齢別にレーティングする新しい制度や、スタッフによる審査システム導入 | GPad
[PR]
任天堂とDeNA、資本・業務提携 任天堂IP活用のスマホ向けゲームアプリを共同開発へ - ITmedia ニュース

「任天堂がこんなことをするなんて予想外だ」みたいな反応が多かったり、自分もその1人でしたが、よくよく考えたらそうでもないなあということに気が付きました。

例えばゲーム関連で言うと、アーケードのマリオカートはバンダイナムコが開発しているし、『ポッ拳』というポケモンの格闘ゲームの開発もバンダイナムコが行ってます(しかも中心には鉄拳シリーズのプロデューサーが関わっている)。

マリオカート アーケードグランプリ デラックス

『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』公式サイト|ポケットモンスターオフィシャルサイト

(関係ないけど、ポッ拳の公式サイトが右クリック禁止スクリプトを入れててびっくりした)

さらにその昔にアーケードで稼働していた『F-ZERO AX』も開発はセガ系列でした。
つまり任天堂は「餅は餅屋」という感じで、自社の家庭用ゲーム機以外に手を出すときは、その方面のノウハウがある企業の力を借りていたわけです。

となると、今回のDeNAはなぜ提携にまで至ったかと考えると、最大の理由は会見でも触れていた「クラブニンテンドーに代わる、新しい会員サービス(ソーシャルプラットフォーム)」の開発が焦点だからではないのかなあと思っています。

だからSNS方面としてノウハウがあるDeNAを選んで、「提携」とはいうものの、株の保有数で見れば任天堂がDeNAをコントロールしやすい結果になっているんじゃないかなあと。単にスマホアプリ参入程度であれば、提携などせずに上のアーケードゲームのようなレベルで終わるだけの話なので。

個人的にはここでしっかりDeNAの持っているノウハウを吸収して、今度は配信中止にならない『すれちがい交換日記』を復活させてほしいところだったんですが、すでに当時バカバカしい日記を交換しあった仲間たちは現在、アイマスやDMMのソーシャルゲーの沼に取り込まれて3DSの最終ログイン日が一向に更新されなくなっていました。とても悲しい。
[PR]
by yamacraft | 2015-03-19 22:25 | いろいろ
書きたいことはあるけれど、書いてる途中で推敲してるうちに満足しちゃうからだなーと思ったので、多分これぐらいの量じゃないと続かないんじゃないかと判断しました。

他にもいろいろ書こうとしたことがありますが、推敲してるうちに消えました。多分1つのことを1周間ぐらいこれぐらいの量で書いてた方が、続くような気がしています。
[PR]
by yamacraft | 2015-03-08 23:47 | いろいろ
Android新端末情報
Mobile Media Ventures、インテルプロセッサ Android ベース iConsole OS 搭載 UEFI 対応スティック型端末「iConsole micro」発表 | GPad

freetel、低価格スマートフォン LTE 通信 デュアル SIM 対応モデル「priori2 LTE」発表、3月5日より価格17,800円で発売 | GPad

NVIDIA、Android TV にオクタコアプロセッサ Tegra X1 搭載ゲームコンソール「New SHIELD」発表、価格199ドル(約24,000円) | GPad

フランスメーカー Wiko、オクタコアプロセッサ搭載 LTE 通信デュアル SIM 対応の5インチスマートフォン「Highway Star 4G」発表 | GPad

TCL、Android ベース Cyanogen OS 搭載の大型6インチスマートフォン「Alcatel Onetouch Hero 2 Plus」発表 | GPad

Archos、大容量ストレージを搭載した Magnus シリーズタブレット3機種「94 Magnus」「101 Magnus」「101 Magnus Plus」発表 | GPad

Silent Circle、Android ベース PrivatOS 搭載のプライバシー機能に特化した暗号通信対応スマートフォン「Blackphone 2」発表 | GPad

中国 GiONEE、厚み 5.5mm オクタコアプロセッサ搭載 5.2インチスマートフォン「ELIFE S7」発表、価格399ユーロ(約54,000円) | GPad

ZTE、世界初カメラで目の静脈をスキャンしてロックを解除するスマートフォン「Grand S3」登場、価格2999元(約58,000円) | GPad

レノボ、カメラ機能にこだわった Android 5.0 RAM 3G 搭載のハイスペック5インチスマートフォン「VIBE Shot」発表、6月以降発売 | GPad

レノボ、Android 5.0 オクタコアプロセッサ MT6752 搭載の5.5インチスマートフォン「Lenovo A7000」発表、価格169ドル(約2万円) | GPad

レノボ、マルチサウンドバー搭載 LTE 通信や音声通話 Dolby Atmos 対応の10.1インチタブレット「Lenovo Tab 2 A10」発表 | GPad

レノボ、Android 5.0 搭載 LTE 通信や音声通話 Dolby Atmos 対応の8インチタブレット「Lenovo Tab 2 A8」発表 | GPad

ソニーモバイル、防水対応 Android 5.0 搭載 5インチスマートフォン「Xperia M4 Aqua」「Xperia M4 Aqua Dual」発表 | GPad

ソニー、厚み 6.1mm Snapdragon 810 搭載 2K 解像度 10.1インチ新型エクスペリアタブレット「Xperia Z4 Tablet」発表、6月発売 | GPad

Acer、低価格89ユーロ(約12,000円)からのエントリーモデルスマートフォン2機種「Liquid Z220」「Liquid Z520」発表 | GPad

Acer、Android 5.0 クアッドコアプロセッサ搭載 LTE 通信対応 5インチスマートフォン「Liquid Jade Z」発表、3月発売予定 | GPad

Huawei、高速 LTE Cat.6 通信や音声通話対応のオクタコアプロセッサ Kirin 930 搭載 7インチタブレット「MediaPad X2」発表 | GPad

サムスン、両サイド(エッジ)まで画面をのばしたオクタコアプロセッサ RAM 3GB 搭載 5.1インチスマートフォン「Galaxy S6 edge」発表 | GPad

サムスン、2015年フラグシップモデルとなるオクタコアプロセッサ RAM 3GB 搭載 5.1インチスマートフォン「Galaxy S6」発表 | GPad

HTC、LTE Cat.6 対応 Android 5.0 オクタコアプロセッサ Snapdragon 810 RAM 3GB 搭載 5インチスマートフォン「HTC One M9」発表 | GPad

Huawei、同社初となるウェアブル OS Android Wear 搭載サファイアクリスタル採用スマートウォッチ「Huawei Watch」発表 | GPad

Archos、オクタコアプロセッサ MT6592 搭載 5インチスマートフォン「50 Oxygen Plus」発表、価格149.99ユーロ(約2万円) | GPad

Archos、5.25インチから6.27インチまでの大型スマートフォン3機種「52 Platium」「59 Xenon」「62 Xenon」発表 | GPad

中国 Xiaocong、クアッドコアプロセッサ Tegra K1 搭載 Android ゲーミング端末「Warchief」発表、価格999元(約19,000円) | GPad

パナソニック、台湾市場向け LTE 通信対応 Android 5.0 クアッドコアプロセッサ搭載 5インチスマートフォン「ELUGA U2」発表 | GPad
[PR]
要は、アクションシーンの部分を「これ、同じことできる?」という視点で見ると、「なんて危ないことしてるんだ!」という驚きがたくさんあった、という話です。

ちなみにリアルタイム世代というわけではなくて、小学生の頃に夏休み期間の再放送で見ていた世代です。BLACK世代です。

ちなみに『仮面ライダー』は現在、Huluで視聴可能です。他にも昭和時代含め大半の仮面ライダーシリーズが追加されていて、スゴイなあと感じています。

仮面ライダー 対決!! 雪山怪人ベアーコンガー
http://www.hulu.jp/watch/393370

『仮面ライダー』は100話近くあるので、一番記憶に残ってる「ライダーと怪人がビルの屋上の端のギリギリのところで、取っ組み合いをしながらゴロゴロ転がりまわってる」シーンのエピソードを見つけることができませんでしたが、上のエピソードの、スノーモービルを使ったアクションシーンもかなりスゴイことしてるなって、今となっては思います。
最後にライダーがスノーモービルで引っ張られるシーンもそうだし、最後に怪人を掴みながら二人でスノーモービルを飛び降りるシーンとか、一歩間違えたら大怪我じゃ済まないんじゃないかと思いますね。

そんな『仮面ライダー』の危険なアクションシーンなんですが、当時の自分は別に危ないとは思わず「面白い」とだけ感じていたような気がします。
これは別に、危険なことをしてまで作ったアクションが「ムダ」というわけではなく、ここまでして作った映像だからこそ「面白い」と感じられたような気がします。

昔、「子供向けだから簡単な話にする必要はなくて、真剣に作れば子供にもちゃんと伝わる」という内容の言葉を見かけたことがありますが、まさにこういうことなのかもしれません。

そんな仮面ライダーですが、昭和時代の仮面ライダーの映画も何本かHuluに追加されていて、一部の映画では怪人とライダー達が殺陣をしている近距離で火薬がバンバン炸裂するという迫力満点なシーンがあるらしいので、どこかのタイミングで見たいなあと思います。

当時のことを思えば、CGで補うことができないからこそ、ここまで身体を張る必要があったと思うので、「いまの特撮も、もっと危ないことして」とは思いません。昔は昔、今は今。
[PR]
by yamacraft | 2015-03-02 23:30 | いろいろ
「UIやUXはこう考えろ!」みたいな資料はたくさんありますが、「むやみに他と違うUIにすることのリスク」や「間違ったUXを提供するとどうなるか」といった、「失敗するとどうなるか」をてっとり早く勉強したいときには、AVGN(The Angry Video Game Nerd)の動画を見るのがおすすめです。
ニコニコ動画には有志による字幕付き動画が全エピソード公開されています。全エピソードです。

ちなみにこういう時、題材がゲームやアニメやドラマや映画、自分に興味のない方面のスポーツとなるとすぐに「役に立たない」と拒絶する人たちをたまに見かけますが、そういう人たちは題材が違っても、まったく自身が役立てられないタイプじゃないかなあと最近感じています。

Angry Video Game Nerd | Cinemassacre Productions

AVGN タイトルリスト

バランスよく「ダメなUIやUX」を学びたい場合は、シュワちゃんゲーム回がおすすめです。



デベロッパーが提供しようとする体験が、ユーザーが求める体験にズレがあるとどのような不幸が起こるかを知りたい場合、ゴジラ回がおすすめです。



フランケンシュタイン回の9:00あたりから語られる「パスワードとコンティニューは別モノ」という怒りのくだりは、まさに「結果が同じ機能でも、ユーザーが使うまでの導線はまったく違う。」ということを、わかりやすく教えてくれます。



そして毎度毎度、間違いばかり続けるデベロッパーは最後にどういう扱いを受けるかは、LJNがAVGNシリーズを通じて教えてくれます。







そんなAVGNでした。ちなみにこのシリーズを制作しているジェームズ・ロルフの自身のドキュメンタリーは、映画『エド・ウッド』にも劣らない、クリエイターに勇気や元気を与えてくれる作品だと思います。



この映画で語られる「ただやり続けろ。そうすればきっとすげえことになる。」は、まさにそのとおりだなあと思います。

ちなみにジェームズ・ロルフをGoogleで検索すると、簡単な彼のプロフィールが出てくるんですが、あれってどうやって作ってるんでしょう。家族構成も載っているんですが、彼の動画サイトで特に語られているわけでもないのに。

[PR]
by yamacraft | 2015-03-01 21:00 | いろいろ