タグ:勉強会 ( 6 ) タグの人気記事

11月29日(火)に開催されたpotatotips 35にLTで参加してきました。

potatotips #35 (iOS/Android開発Tips共有会) - connpass

発表資料
FirebaseUI-Android // Speaker Deck

久しぶりの5分LT、今度は時間配分が全然できなくて1分30秒ぐらいオーバーしてしまったし、それ以前に資料の内容もろくにキチンと説明できなかったという後悔が著しい。やっぱり自分はしっかり準備しなくちゃダメだ、という大きな反省点。

懇親会では新たにガッツリFirebaseを利用されている方と話ができて、そこで新たな知見を得ることができたのでとても有意義、いやほんとにこの懇親会のおかげで「来て良かった」と思えました。

という感想になってしまった、当日のpotatotipsにおいて非常にもやもやとした出来事があったので「もうこういうこと、やめようよ?」という訴えを兼ねて記事にします。
あくまでも参加した個人の意見です。



何があったのかというと、当日の発表内容の中で、ある方の「自己紹介」のスライドが『Xamarinハンズオンのピラミッド』をパロった内容だったわけです。

2016/11/29 #potatotips (iOS/Android開発Tips共有会) 第35回 - Togetterまとめ

率直に言って、唐突に出てきたこのスライドは本人が時事ネタを使ったジョークのつもりだったんでしょうが、正直これはXamarinコミュニティをただ茶化し、中傷しているだけのものにしか見えませんでした。
なのでこの時は短絡的に使っているような行為にドン引きしたし、「他コミュの唐突なディス行為に、他の人(こちら)を巻き込むのはやめてくれ!」という気分でもありました。

というのもこの手の勉強会の発表でこういうことがあって、それは咎められたといった情報がセットになっていない場合は「当日の参加者全員がそれを肯定的に受け入れた」という印象を持たれがちになるからです。実際に元ネタであるXamarinハンズオン、いろいろネット上に出ている情報を見て「あのスライドとか誕生日会を参加者全員が受け入れて楽しんだ」と思っている人の方が多いんじゃないでしょうか。実際に苦痛に感じた人がいたかはわかりませんが、全員が受け入れているという確証もないと思っています。

特にこの大元の件に関しては、内容を見て自分もいろいろと思うことがあったので「ただ茶化して遊んでいいおもちゃと認識している人」の一人としてまとめられたくありませんでした。

さらにpotatotipsではアンチハラスメントポリシーを掲げていることに対して、元ネタを知っている当日の運営側の一人がネタに肯定的なつぶやきをしていたことも気にかかりました。この件については別途運営にメールで意見しています。

そもそも勉強会で技術的な話をする上で、それぞれの思想や「あるべき論」みたいなのを話していくと、時には知らず知らずにどこか(企業だったりコミュニティだったり)を批判してしまったり、語気の強さで誰かを傷つけてしまうことはありえる話だと思っているし、それを完全に避けることは難しいことだとも認識しています。

ただ今回は本題と違う部分での『ディスリスペクトをベースにしたジョーク』なので、これは意識的に避けることができます。
こういったディスリスペクトジョークはせめて気の知れた間柄でのみ行って、こうした第三者の善意の許容に依存するような形で使うのは控えて欲しいなあというのを、感じました。

以上です。

参考リンク

xamarinコミュニティの炎上について思うこと - 生涯未熟

ここを気をつけるともっと良くなる勉強会の発表 - Shin x Blog

RubyHiroba 2014 - RubyHiroba 2014でのアンチハラスメントポリシー抵触問題について(第2報)

RubyHiroba 2014 - RubyHiroba 2014でのアンチハラスメントポリシー抵触問題について(第3報)
[PR]
by yamacraft | 2016-11-30 22:30 | いろいろ
d0252816_17391034.jpg

(DとかGIGAのシェア機能って、こうした使われ方も想定してた気がするけどどうだったか覚えてない。いまは一ユーザーなので、怒られたらこのキャプと同じリアクションをとることにします)

タイトルどおりですが、先週水曜日に行われたOtemachi Firebase #1に参加してきました。LT15分枠で、初の15分スピーカーでした。内容自体は先回の神泉Firebaseで発表した内容の修正版です。

Otemachi Firebase #1 - connpass

<資料>
Firebase crash reportの実践的導入 // Speaker Deck

今回は初の15分LTだったんですが、特に急いで発表したわけでもない状態で時間内におさまったので、最近の発表の成果がようやくでてきたなという感じでした。
ちなみに会場は日経ビルだったんですが、トイレがとても広くて素晴らしいと思いました。あとアルコール関連があんなに早く空になる勉強会は初めてでした(母数が少なかったわけではない)。

次回以降の勉強会参加は未定です(開催情報の収集に疎いので)。が、今後も月1〜2での参加を続けていきたいので、何かいい勉強会の情報があれば提供お待ちいたしております。
[PR]
by yamacraft | 2016-07-19 22:00 | 勉強会
表題の通りです。

potatotips #30 (iOS/Android開発Tips共有会) - connpass

<資料>
【プレゼン資料】FirebaseのAuthとは - Qiita

当初はDirectBoot周りを調べて発表する予定だったんですが、この機能エミュレータだと確認できない上に端末にやろうとすると端末リセットが必須らしいので諦めました。内容的にはかなり中途半端感があったので反省しています。
発表自体は8分ぐらい使ってしまったので良くなかった。あとFirebase UIの存在を教えてもらった。(これは下の勉強会でも紹介されてた)

神泉Firebase勉強会 #1 - connpass

<資料>
Firebase crashの実践的導入 // Speaker Deck
Firebase crashの導入Tips(Android編) - Qiita
Firebase crashとParseCrashReportingでduplicate symbolエラーが発生する - Qiita

こっちはじっくり時間使って調べつつ(完全とは言っていない)、余裕をもって資料を作れたのでかなり気が楽にやれた。
時間も「おまけ」までに10分消化したので、ちょうど予測通りにいけたかなという感じ。おまけ部分を含めれば15分ぐらいに抑えられそうな気がする。あとは色々ミス表記があったことに気がついた。

そして今週水曜日開催のFirebase勉強会でもLTするので、お手柔らかにお願いします。内容は神泉Firebaseのやや修正版です。
Otemachi Firebase #1 - connpass

あとHealth Hack Meetupにも(LT枠で)興味があるけど、流石に今月3回の勉強会参加はしんどいのでちょっと考え中。

Health Hack Meetup - connpass
[PR]
by yamacraft | 2016-07-10 22:20 | 勉強会
2016年6月9日に行われた「Android Testing Bootcamp #2」にLT枠で参加してきました。

Android Testing Bootcamp #2 - connpass

「Androidのテスト(+CI)環境からみの話題」ということだったので、個人開発環境の話をしてきました。

<資料>
個人的CIとテスト環境 // Speaker Deck

個人的Androidアプリ開発環境を晒す - Qiita

実は個人開発というか、プライベートなチームで作ってるアプリ開発環境だったりするんですが、実際に設計したりコードに落としこんだりgit触る人間は自分ひとりだけなので間違ってはいない。

LTに関しては「これ絶対に5分で終わらないなー」って思ったら案の定リリース前レポートのところで5分経ってしまったので、よくないなって思いました。

勉強会の会場であるVOYAGE GROUPは広いしタダで借りられるらしいし、ピザも無料提供してくれるらしく素晴らしいなあと思いました。
当初、配置でテーブル+椅子席ではなく椅子席のみに陣取ったところ、ピザが非常に食べに行きづらい状況になって辛い感じになり「辛い」と正直にツイッターで泣き言をつぶやきつつ「ピザ食べたい」とLTで発言したら終了後に余ったピザを持ってきてくれる方々がいて、VOYAGE GROUPありがとう……ありがとう……という感じでした。以上です。

発表内容に関しては「個人でちゃんと構築しててすごい」みたいなことを言われた気がしたんですが、これにはいろいろ理由があるんですけどそのうち書きます(逃げ腰)。

以上です。
[PR]
5月20日(金)に開催されたGotanda.mobile #1にLT参加しました。

Gotanda.mobile #1 in Mobile Factory - connpass

発表資料:
Firesideのcrashを試してみる // Speaker Deck

FirebaseのcrashとanalyticsをAndroidアプリで試してみる - Qiita

ちょうどGoogle IOの期間内に開催されることもあったので、Google IOで発表された内容のどれかをやろうという予定でいました(何もなければokhttpの再入門的な話にする準備もしていた)。

その中でFirebaseが一番興味惹かれそうだし、自分も興味があった部分なので、発表翌日(ただしくは当日)にさっと動作確認をしつつ発表資料をまとめました。時間的にcrashだけでも5分超える気がしていたので、発表資料はcrash、Qiitaにはanalyticsにもちょっと触れる感じの構成に決めました。

時間的には、かなり早口で進めたけどやっぱり1〜2分ほど押してしまったので反省。あと毎回keynoteのプレゼンテーションは終了するたびに経過時間がリセットされるのを忘れてしまうのでよろしくない。

crashはdependenciesに追加するだけで完了と言ってますが、本当にそれであってるか自信が持てなくてドキドキしてましたが、ツッコミもなかったので間違ってはいなかったようです。
ただこれってGoogle Play Service使ってる気がするので、非Google Play Service搭載端末だとどうなるのか気になりました。

そして5月25日(水)に開催されたpotatotips #29にLT参加しました

potatotips #29 (iOS/Android開発Tips共有会) - connpass

資料:
Multi-Window上での「共有」について // Speaker Deck

Multi-Window上で共有機能を使うとどうなるのか実験 - Qiita

こっちは以前から進めていたAndroid N Previewの知見をやろうと思っていました。実はPreview 2時代はエミュレータがWebView関連で落ちるというバグが起きていたので、最終的な調査ができたのは結構ギリギリでした。

内容としては非常にややこしいというか、自分でも資料作っててややこしくなってきたので資料を読んでややこしいと思ってしまうことに間違いはありません。
何が言いたいかというと、「マルチウィンドウは夢も持たせてくれないなんて……」ってことです。

次回は今週(LTに空きが出たら)shibuya.swift、あとAndroid Testing Bootcampに参加予定です。どちらもLT枠です。

ん、そういえばGoogleIOの感想記事書いてない。
[PR]
by yamacraft | 2016-06-05 23:50 | いろいろ
d0252816_13441327.jpg
ピザおいしかった(イメージ図)

開発機がMBPになり「よし、これでもう発表とか気軽に参加できる!」ということもあったので(あと現在の会社にも積極的な参加の許可をもらっているので)、久しぶりにLTしに行きました。shibuya.apk自体も#1以来のような気がします。
そういえばこの時、某パイセンと年収話してたような気がするな……。

発表内容+αの内容は、Qiitaにまとめています。
Request Permissionの実装と、UX(ユーザー印象)に気をつけようねという話 - Qiita

ちなみに時間の関係等で発表ではPermission Dispatcherを使うことを勧めましたが、個人的にはネイティブで実装することを本当は勧めています。
というのも、この辺のパーミッション周りは今後流動的に変化しそうな臭いがするのと、Permission Dispatcher自体が個人開発だからです。

こうした変更に素早く対応できるように、ネイティブで実装して各動作の実装内容を把握しておくべきかなと思います。(あと公式がバージョンアップ時のコードの変更点とかも教えてくれる場合が多いので、対応もやりやすかったりする)

以下感想

- 開催場所のBASE6、広かった(小並感)。食べても食べてもピザの山とからあげとポテトが補充されるし、専門のスタッフの人がずっと飲み物補充とかしてくれるし、ヤフーすごい、生まれ変わったらBASE6になりたいっていう感じだった(小並感)。
- わずか1杯のビールで酔ったので、相当早口だった気がする。3分ぐらいで話終わったというかkeynoteで経過時間表示させるの忘れてた。
- だいたい想像してた通りだったけれど、Android N Previewの話が多かった。多分同日開催のpotatotipsも同じだろうなって思った。

以上でーす
[PR]