タグ:DroidKaigi ( 2 ) タグの人気記事

d0252816_22330503.jpg


3月9日〜10日と2日間にわたって開催された、国内のAndroid開発者向け大型カンファレンス「DroidKaigi 2017」の二日目にて、『いまからはじめるAndroid 6.0対応 〜Android 7.0から8.xを見つめて〜』というタイトルで発表しました。

いまからはじめるAndroid 6.0対応 // Speaker Deck
(補足)サブタイトルがないのは、スライドのデザインの都合上です。

脳内のシミュレートでは20分でいい感じと思っていたら、実際は30分ギリギリでした。だいたい脳内シミュの1.5倍かかるという貴重な知見を得ることができました。

発表時にも触れましたが、コードを出した解説は今週中にQiitaの方で公開させていく予定です。いちおう発表後の反応から

1. Runtime Permissionを通常実装する場合とPermission Dispatcherを使った場合
2. Volley+GSONとOkHttp3+GSON、Retrofit+GSON

という順で公開していきます。あとこっちの方で(Qiitaだと技術系記事になってないので)なんであの3つを危ないと触れたのかも書きます。

それと今回の発表でもところどころでエモい感じのトークをしましたが、これには意味があります。

正直なところ、Android 6.0対応に必要な技術的な情報はもうかなりの量が投稿されているという認識があって、「やり方がわからない」で困ってる人はもうほとんどいないんじゃないかというのが自分の認識です。じゃあなんで6.0対応をしていないかというと、その必要性をチームだったり上司だったり、もしくはエンジニア自身が認識できていないのが一番の理由にあるんじゃないかと思ったからです。

今回触れた通信部分の変更とRuntimePermissionの追加は、前者は「ユーザーが変更に気づくことのない変更」ですし、RuntimePermissionは「エンジニアひとりだけでは進めづらい(周りの認識や協力が必要になる)変更」です。こうした変更は個人アプリであれば自身の意志で進められますが、仕事でチーム開発であれば自身からの提案が必要不可欠です。そしてこうした提案は、プロデューサー職やデザイナー職の方からされることはまずありえませんし、必要なことであればそれはきちんとエンジニア側から提案しなければいけないし、そしてこれは必要な提案であるということを伝えたいことで、あんな感じの発表になりました。

それと本当にWantedlyでスカウトメール取得可にしたときは、たくさんの企業からアプローチがありましたし、エンジニアの提案を尊重してくれそうな企業さんもいくつかありました。スライドの最後に「転職しよう」と書いたのは冗談ではなく、そのアプリに本気で人生を賭けるつもりがないのであれば、きちんと提案や相談を受け入れてくれる企業にいって、どんどんそこのアプリを良くしていってもらいたいです。みなさん、いいアプリ、作っていきましょう。

最後になりますが、当日参加した全ての皆様、スタッフのみなさま、おつかれさまでした。

[PR]
d0252816_23421792.jpg

表題の通りです。DroidKaigiのトーク応募に2件応募して、うち1つが受かりました。

以下、受かった方のトークの詳細(応募当時)


『いまからはじめるAndroid 6.0対応 〜Android 7.0から8.xを見つめて〜』

知ってます知ってます。いまの最新版(droidkaigi開催当時)って7.1であることを。

とはいえAndroid 7.0対応の前にAndroid 6.0の対応が出来てないまま、誤魔化し誤魔化しアップデートを続けているアプリがあるんじゃないでしょうか?

いまはなんとかなっても、いつかはどうにもならず「苦渋の決断」をする日がくるのではないでしょうか?
本セッションでは7.0に向けた復習として、自分が業務で「いやここで対応すべきだ」と決断していくつかのアプリを6.0対応した際に得たノウハウを共有いたします。さあ、みなさんも早いうちに6.0対応を果たし、気持ちよく7.0対応を迎えましょう!

主に話す内容
* Apache廃止に伴う対応(さよならVolley、こんにちはokhttp)
* パーミッション対応と、コード以外に考えること
* その他、Android 7.0に加え、さらにその先のアップデートに備えて気をつけることはなにか


なんか無理やり7.0のワード入ってるけど、この内容って1年ぐらい話すの古くない?と思った方、正解です。 去年のDroidKaigiで応募するつもりだったネタです。

去年のDroidKaigiはちょうどいまの職場にジョインした直後の開催ということもあり、(そもそも入社時期もかなり無理なお願いをしたこともあったので)トーク応募も一般参加も不参加確定していたんですが、どうも去年はこの手の内容がなかったようだったのでせっかくだし応募してみた、という経緯です。なので受かった本人が一番驚いています。

トーク時間も30分で応募しているのでそんなに7.0とか7.1の話はやらず、本当に6.0対応の話ばっかりする予定です。

と、ちょっと採用されて困惑してる的な部分を出しすぎましたが(でも驚いたのは事実)、そもそもこういったレベルの「聞いた時点でマサカリで殴りつけられそう……でもなんとかしたい……つらい……」と悩んでいる人たちの手助けをしたいという思いが以前からあって、今回のdroidkaigiはとても良い機会に恵まれたなと思っています。あと4ヶ月ぐらい先の話ですが、当日参加されるかたはよろしくお願いします。


[PR]
by yamacraft | 2016-11-16 23:30 | いろいろ