タグ:GoogleIO ( 4 ) タグの人気記事

前回、配信セッションをくまなく見て楽しむ気があるなら家で見た方がいいと勧めましたが、個人的にオススメのセッションを紹介します。

<Keynote>
なにはともあれ、やはりKeynoteは見るべきです。特にこの後行われていくセッションの概要みたいなものが語られます。
さらにここでの発表を通じて、全てのセッションのスケジュールが公開されます(一部はネタバレになるためか、直前まで非公開になっていることがあります。今回もそうでしょう)。

というわけで、なにはともあれ、まずはKeynoteを見ましょう。ただ個人的にいえばここは前座です。
エンジニア的に本番はここから先のセッションだと思っています。

<What'new in ○○○>
現時点でこの名称になっているセッションはAndroidとAndroid Developer Toolsのみのようです。
ここでは主にKeynoteで紹介された、新機能等の詳細が語られるセッションになります。
Android Developer Toolsは基本はAndroid Studioの話ですね。内容的にもエンジニアに向けたセッションとなっているので、非常におすすめです。というか個人的にはここが本番です。

<Android Platform Fireside Chat>
Androidのプラットフォーム開発関係者たちが集い、一般参加者からの質問に答えるセッションです。そういった内容なので映像的な資料はなく、英語が弱い人にはかなり辛く(かなり辛い)、個人的にもこのセッションを翻訳して公開する人は英雄視される傾向にあります(諸説あります)。
ちなみに今年はおそらく「SwiftとかKotlinを公式サポートしてくれないの?」みたいな質問が出ると思います。
そして微妙な空気で「いや、フレームワークがJavaで書いてあるんで……(聞かなくてもわかるでしょ?)」みたいな回答が出てくるんじゃないでしょうか。2年前の同じような質問がありました。この時はScalaでした。

<Magnus Hyttstenおじさんのセッション全般>
毎年Google Play Serviceのセッションがあるんですが、今回はまだスケジュールにありません。
もしかしたら現在非公開の状態になっているかもしれないし、本当に今年はないのかもしれません。

絶妙にダサいスライドを挟みこんだり(たまに本当にダサいジングルが流れる)、参加者にコールアンドレスポンスを強要したりTシャツバズーカを撃ちまくったりと、明らかに他のセッションに比べて異質な雰囲気で進行する、個人的に一番「楽しい」セッションです。
この時点で大体4時間以上は英語配信を聴き続けて疲れた脳への一服の清涼剤として、非常におすすめです。

参考:去年のGoogle Play Serviceのセッションと、Magnusおじさんらしさがよく出ているGoogle Play Service8.4紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=rimovXSTU_Q
https://www.youtube.com/watch?v=-xwKQa9Tm5k

というわけでオススメのセッションでした。この他にも魅力あるセッションがあると思いますが、たまに別に新機能でも新技術でもなんでもないものを「おさらい」みたいにやっているセッションもあるので(去年のWear通知関連はそんなだった覚えがある)、もし見て「あ、これ既視感あるぞ」と思ったら、さっさと別の配信チャンネルを見るか、仮眠をとることを個人的にはオススメします。
[PR]
by yamacraft | 2016-05-10 23:30 | いろいろ
keynote以降のセッションに(特に)興味がある人は、Google I/O Extendedへの参加はオススメできません。
これは自分の経験や毎年の現地の情報からですが、基本的にKeynoteセッションが終わるとほぼ解散の雰囲気だったり、実際に会場が解散するスケジュールになっている場合がほとんどだからです。

個人的にGoogle IOで一番気になるセッションは「What's new XXX」系なんですが、特に一番気になる「What's new in Android」は今年もKeynoteの次のセッションに設定されています。
これがGoogle I/O Extendedに参加した場合、この時間帯を悲しく電車の中で過ごしてしまう可能性があります(約3年前に実際に起きた悲しい出来事)。

また公式のGoogle I/O Extendedではリアルタイムで翻訳してくれることもあるようですが、それもやはりkeynoteセッションだけのようです。
結局それ以降は各人の英語力に委ねられることになります。

ということで、もしあなたが「Google I/Oで配信するセッションを全部見るぞ!」という強い決意をもっているのであれば、きちんと参加するイベントがどこまでの配信をやってくれるのかどうかを調べておきましょう。
とはいえ、全セッションが終了する11時ぐらいまでやっている会場なんて、ほぼ間違いなくありません。有給をとって家で見ましょう。人生は孤独との戦いです。
[PR]
by yamacraft | 2016-05-09 23:30 | いろいろ

とりあえずkeynoteの内容の簡単なメモ。
スライドの図とか、ツイッターのリアクションで把握してる部分が大多数なので、間違ってることもあります。



Android 関連



Android M Developer Preview




  • 次OSのプレビュー版を配信するよ(Nexus5、6、9)

  • 大体6つぐらい大きな特徴があるよ
    • App Permissions Control

    • アプリのパーミッションに関して、個別に許可を設定できるようになったよ

    • パーミッションの許可がいるタイミングで許可か否かをダイアログで聞くように
      • かなりiOSっぽい

    • パーミッションの許可の切り替えは、端末の設定画面>アプリ設定画面でもできる

    • Chrome Custom Tabs

    • ChromeでのWebAppsの表現をよりネイティブAppっぽくさせた?

    • いまいち実体がつかめず。多分Google IOの公式サイトをAndroidのショートカット経由で呼んだ時のアレをもっと強化させたんじゃないかなと

    • Pintarestですでに何かやっているらしい?

    • App Links

    • アプリのIntent呼び出し(URL経由?)の部分を強化して、より直接的に呼びやすくさせたっぽい

    • Android Pay

    • 新しいAndroidの決済システム(+アプリ)みたいだけど、対応店舗とかみたら日本はまだ関係なさそう

    • Fingerprint Suppory

    • 指紋認証。Android Payと組み合わさって、初めて本領発揮するっぽい

    • Power & Charging

    • さらに省エネとか頑張りましたアピール

    • 普段の利用状況を端末が把握して、普段使ってない時間帯は自動的に省電力化するらしい

    • Nexus9に関しては、M Previewでスタンバイ時間が2倍になったというアピール


    • USB-Type Cに対応させるよ

    • 音量調整の部分、もっとシンプルにするよ



コードラボなどURL
https://io2015codelabs.appspot.com/
http://android-developers.blogspot.jp/2015/05/android-m-developer-preview-tools.html



Android Wear




  • アプリを常時表示できる機能をつけたよ(地図アプリなど)

  • 手首のスナップでカードをめくれるようにしたよ

  • 絵文字を指定するときに、手書きジェスチャーで呼べるようにしたよ

  • ジャイロスコープの機能をすごくがんばったので、ゴルフのスイングチェックまでできるようになりました

  • 音声の指示部分もできることを増やしました(?)



Android One




  • マップをオフラインでも操作+ナビまでできるようにしました

  • ネットもあるていどオフラインで表示できます(??)



IoT関連




  • IoTデバイス用のOSとして、Brillo(ブリィオー)を開発しました
    • 3Qで公開予定

  • IoTの通信感仕様(インターフェース?)のWEAVE(ウィーボ)を開発しました
    • 4Qで公開予定



Google提供サービス的な話



Google Now




  • 機械学習のおかげで、言語認識のミスがかなり減りました

  • Now One Tap
    • 音楽をながしているときに「この人の本名ってなんだっけ?」という質問だけで「いま再生している音楽を歌ってるミュージシャンの本名は?」まで解読して検索してくれる

    • その他、メッセンジャーやメールのやりとりから、Nowが自動的にユーザーの次にやるであろう動作を先読みして、アプリの動作許可を求めてきたりするらしい



Google Photos




  • UIがかなりiOSっぽくなった

  • 機械学習でのジャンル分けや検索機能の強化がスゴイ

  • 自動グループ化で、例えばある人の現在から赤ちゃんの写真まで自動認識してグルーピングしてくれる

  • 「トロントの雪嵐」でも、トロントで撮った写真で雪あらしの時の写真だけを検索表示してくれる

  • ドラッグ操作が直感的で使いやすい(見逃した)

  • 連続写真を使って動画も着く得る

  • クラウドでデータをバックアップしてくれる
    • 今日から1600万画素以下の写真、1080p以下の動画であれば無制限で利用可能

    • https://photos.google.com/



デベロッパー向き情報




  • Android Studio 1.3 Preview公開しました
    • NDK(C/C++)対応

  • Polymer 1.0のリリース
    • CocoaPodsでも配信します(多分Polymerの話かと)

  • Cloud Test Labsで、売上上位機種での動作確認をできるようにします
    • 利用は無料、公開は近々

  • Firebase、Google Cloud Platformは利用状況だけ触れて流した記憶

  • Google Cloud MessagingをiOSにも対応させました!(←???)

  • App Install Adsの宣伝?

  • Google Playでアプリページの文言やアイコン部分をA/Bテストできるようにしました

  • Google Playで開発者ページ(Developer Pages)を公開できるようにしました

  • Developer Consoleでコンバージョンまわりの詳細な情報を見れるようにしました



Google Play




  • パーソナライズした内容を強く見せるようになります

  • Google Play ファミリー
    • フィルター機能の強化や、ポピュラーなキャラクター選択からのアプリ検索機能などができます



Android Nanodegree




  • 謎。Android開発者用の教育プログラムっぽい。



Cardboard




  • 2015年版をリリースします!6インチ対応になりました!

  • SDKもバージョンアップ!Unity開発でiOS版も作れます!

  • Google「Cardboardは教育に役立って欲しいんや!!!」



Jump




  • Go proと組んで、360度カメラ(映像)の開発をやっています

  • 実体はGoProを16台円形につないで撮影した映像

  • 深度計算で、立体的に見ることができます

  • cardboardで見れます。Youtubeも対応予定です。



その他




  • 自動運転、機械学習でかなりいい感じ。事故は未だにありません。

  • 気球でネットワーク提供する奴、10Mbps対応もしたし、結構がんばってます。



以上


[PR]
たぶんこれが公開された数時間後に基調講演がはじまるわけですが、そこで発表してほしい部分を列挙します。
基本的に「期待」なので、あたってくれるととても嬉しい。

そういえばWWDCのときははてなの人が主体で予想大会してたけど、GoogleIOでは見かけなかった。これが現実。

- SVGまたはベクタ画像サポートのSuportライブラリ入り
- SharedPreferencesFragmentとかアノ辺のFragment一式のSupportライブラリ入り
- Android用のライブラリリポジトリ(cocoapodsみたいなの)
- Genymotion並みの速度と軽さでGoogleAPIも使えるエミュレータ
- 公式でもデフォルトでエミュや端末なしでテストできる仕組み
- ADTのaar対応+gradle標準対応
- Screen Captureの音声対応
- Nexus5の後継機種
- Jellybeans君の公式グッズ販売

頼みます!特に最後!
[PR]