2017年 12月 31日 ( 1 )

結局所要で記事書く時間が確保できなかったので、いまから30分ぐらいでとりあえず来年絶対にやると決めた目標(+それに至った反省など)を書きます。

テキスト(ブログなど)の執筆環境をちゃんと構築する

これまでブログやGist、Qiitaに記事の下書きはDropboxにあるMarkdownファイルに書いていたのですが、養成読本の執筆以降にRe:VIEWをちゃんと覚えようと思ったのと、Dropboxの保存は頻繁すぎてどうかなと思ったのでRe:VIEWプロジェクトで構築してGit+GitHubで管理するように10月ぐらいに切り替えていました。
さらにRedpenやtextlintを使って「安定した」文章になるようにリントもかかるようにしていました。

ただこれは「一度にいくつもの記事を同時に書きたがる」自分にとって、まずGitのプロジェクトでは1記事1ブランチといった管理が不可能なこと、頻繁なRedpenやtextlintのチェック修正で疲弊するといった問題に直面してしまいました。あと指定のファイルのみをmdやhtmlに変換するといったやり方も用意していなかったのが大失敗でした。

この辺りの反省から、どうすれば自分にとってストレス無くテキストが書ける環境を作れるのかという方向は見えていたので、2018年には真っ先に取り組みたい目標です。

ちなみに「30分ぐらいで書く」と書いたように、これはredpenもtextlintも使わずの一発書きです。

個人プロダクトの開発をもっと積極的に取り組む

去年の9月以降は個人プロダクトで学んだ内容をどんどん業務にフィードバックしていったような印象がありました。というか個人プロダクトを持っていたからこそ先に学んでいたものが多くて助かった…という感じのことが多かったですね。

特に個人プロダクトの場合、わりと気楽に初めての分野に手をだせるところがあるので、来年はより積極的にやっていきたいなあと思いました。特にAWSかGCPのあたりを…。

最後に

という感じでぼんやりとした内容になりました。他にも目標はいくつかありますが、それは自分の中にひっそりとどめておくことにします。

それでは今年一年おつかれさまでした。また来年もよろしくお願いします。
[PR]
by yamacraft | 2017-12-31 16:03 | いろいろ